明治大学技術士会発足1周年を迎えて

  2016年10月22日に明治大学会館で設立総会を開催してから早1年が過ぎましたが、この間、皆様に多くのご協力を頂きありがとうございました。

 

 明治大学技術士会の活動では、会長・役員が集まり幹事会にて会則の見直し、個人情報に関する細則等の作成、講演会や見学会の開催、会報の発行、紫紺ネットの開設、ホームページの開設を行ってきました。ホームページの紹介に際しては、大学の先生方にご支援をいただき理工学部のJABEEページおよび機械工学科のホームページから明治f大学技術士会へリンクを貼っていただき感謝しております。

 

 また外部活動として明治大学技術士会と他校との連携を深めるため、大学技術士会連絡協議会(大技連)へ加入し、幹事校として活動しています。母校の異分野業種との交流及び共業を模索するため明治大学士業会(明士会)との協議も行いました。

 

 これからも明治大学技術士会としての役割と責務を果たし、活発な意見交換で実績を積み上げたいと考えています。

 

 これまでの活動は明治大学駿河台や日本技術士会の会議室を使用してきましたが、今後は明治大学の学生諸君との交流を通して技術士の理解、就職、社会活動の相談を円滑に行えるよう、年1度は生田で講演会等の行事を開催できないか検討を始めたところです。

 

 明治大学技術士会の取り組む課題は、会員の増加を如何に確保するかにあります。発足以降、会員の皆様からご紹介いただいた入会者

やホームページをご覧になっての入会者もあり、会員数は昨年発足時の51名から現在は59名に増加しました。(会員の構成は、登録部門20のうち11の部門です)

 

 しかし、大技連の報告資料によれば、2016年度の明治大学出身の技術士合格者数は21名(全国57位)ということから、明治大学技術士会の存在を知らない技術士や技術士補資格者が数多くいると考えられます。本会へ未加入の技術士資格者の方々に賛同をいただき交流を深め行動を共にすることが重要と考えています。

 

 このため入会を待つだけでなく、和たち自身が行動を起こし魅力ある会にする必要があります。皆様の積極的な会への参加と今後の温かいご支援ご協力を宜しくお願いい申し上げます。

                                        2017年10月22日

                                        明治大学技術士会会長

                                        東山セツ子 

明治大学技術士会 設立後の振り返り

  昨年1022日に設立総会を開催してから6ヶ月余り過ぎ、皆様に多くのご協力を頂きました。お陰さまをもちまして、今回の総会も厳粛にとり行なうことができましたことを、この場をお借りして、改めて御礼申し上げます。

  さて、明治大学技術士会の活動は会長・役員が集り幹事会で会則の見直し、個人情報に関する細則等の作成を行いました。この他に本年3月に講演会の開催、会報の発行、紫紺ネットの開設を実施しました

また外部活動として明治大学技術士会と他校との連携を深めるため、大学技術士会連絡協議会(大技連)への加入、母校の異分野業種との交流及び共作業を模索するため明治大学士業会との協議も行いました。

 何れも明治大学技術士会としての役割と責務を果たし活発な意見交換で実績を積み上げたいと考えています

 平成29年度の活動計画は引続き平成28年度の案件実施と新たに見学会開催を予定しています。見学会には明治大学の学生諸君を含めた交流を通して技術士の理解、就職、社会活動等の相談等に当たりたいと思っています。

 明治大学技術士会の取り組む課題は入会員の増加を如何に確保がするかにあります。

 大学技術士連絡協議会の報告資料では、明治大学出身の技術士補や技術士資格を得た方々が多く存在していると言う事実です。これらの日本技術士会へ未加入の技術士資格会員の方々に賛同を得て交流を深め行動を共にすることが重要と考えています。

 このため入会を待つだけでなく、我々自身が行動を起こし魅力ある会にする必要があります。皆様の積極的な会への参加と今後の温かいご支援ご協力とを宜しくお願い申し上げます                                                

                                     平成29527                                                   

                                     明治大学技術士会

                                     幹事 藤田和夫